Lilikoi: Passion Fruit

Lilikoi: Passion Fruit

Hawaiian Native Plants: ハワイの植物たち

リリコイは、つる系の深緑の葉に、時計草のような紫と黄色の3インチほどの大きさの花を咲かせ、開花から受粉までは、約15日間。その後、完熟までには約45日間かかり、黄色い円形のパッションフルーツを実らせます。

3

由来:リリコイは、元来、南アメリカからオーストラリアを渡って、1923年にリソナー氏が、リリコイの種をハワイに持ってきた時から、ハワイの人々の食生活の一部となり、フルーツカクテル、リリコイバター、パンケーキミックスの代表として、長く親しまれています。現在は、ブラジルが最大のリリコイ生産国ですが、インドネシア、フィリピン、アメリカ、そしてヨーロッパでも生産されるようになりました。

リリコイを使ったレシピ:リリコイバターの作り方

材料:

  • パッションフルーツ果実 150cc (2〜3個分)
  • 砂糖 1/2 カップ
  • 無塩バター 200g
  1. 準備:バターを冷蔵庫から出しておく
  2. パッションフルーツを半分に切ったら、種ごと中身をかきだし、ざるでこして150cc分果汁を取る
  3. パッションフルーツの果汁と砂糖を鍋にかけ、木べらでかき混ぜながらとろみがつくまで加熱する
  4. ボールに入れたバターを、泡立て器で滑らかになるまで練る
  5. 4のバターに3のにつめた果汁を少しづつ練り込む
  6. 全体が混ざったら出来上がり

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です